negichi

地方の大学生が管理してます。

何者にかなれそうな蔦屋家電

 

二子玉川の蔦屋家電はご存知ですか

 

あそこは無限に意識が高まり、私のような田舎者にはとても眩しい場所です。

 

スターバックスのコーヒーとノートPC(Macならなお良し)と小難しい本とお洒落な小物に囲まれていれば、自分がクリエイティブクラスになったかのような感覚に陥る。

 

クリエイティブクラス体験が3時間1000円そこそこで出来る所が二子玉川蔦屋家電。

 

別に馬鹿にはしていません。

 

ただ1000円あればもっと美味しいコーヒーとガレットは頂けるし、わざわざ田園都市線に乗らなくても地元の本屋に小難しい本の2、3は売ってるし、新宿なり日本橋のデパートの方がクオリティの高い小物があるし、、、

 

全て中途半端に満たされようとするから意識高い系止まりなのではないでしょうか?

 

ひとつひとつ突き詰めて尖って生きている人が真のクリエイティブクラスになれるのではないでしょうか。

 

そんな私は町田のチェーンの居酒屋で下世話な話をして終電を待つ程度の人間ですけどね

大学生のファッション

巷で大学デビューという言葉を聞く。

大概の場合は小馬鹿にした意味で使われる。

 

管理人の個人的見解であるが、

思想や話術、気配りなどが中学生高校生レベルの人間が外見だけイケイケのお兄さんになっているというアンバランスさが『大学デビュー(笑)』という小馬鹿にした風潮に繋がっているのであろう。

 

そしてなぜだか同じ年齢で同じ格好をしているのに、似合っている状態の人と、大学デビュー状態の人がいる。

 

(顔面の造形の問題もあるだろうが、今回その議論は不毛でキリがないので置いておいて)

 

端的に言えば、自分が好きで着ているか、流行りだから着ているかの違いであると思う。

 

私は自分の好きな事物だけを集めていれば自ずと個性は磨かれ、完成してゆくものだと思っている。

 

だからその服を好きで選択した人は髪型や醸し出す雰囲気や態度、言動がその服にもともと合っているから似合うのだろうし、

 

大学デビューの人は好みよりトレンドを追うので、その人の他のファクターが着ている服とミスマッチを起こしチグハグな違和感を生むのだと思う。

 

f:id:negichi:20170917013231j:plain

昨日、管理人の好みで購入したシャツ。

 

母には「オカマみたい笑」と言われたが、

オカマが私の個性として磨かれているのであれば喜んでオカマになってやろうじゃないか。

 

完。

愛車

f:id:negichi:20170826031122j:image

 

燃費は悪い。

横幅でかくて運転しにくい。

だけど乗り心地が良い。

思い出の詰まったとても好きな車である。

 

趣味でよく車のレビュー動画を見るのだが、

誰にとっても最高の車なんて存在しない。

 

ユーチューブのコメント欄で手当たり次第「その車はクソクソ」言ってる方々に果たして幸せは訪れるのでしょうか。

 

完。

 

 

東京の素晴らしいところ

 

東京は色んな人がいらっしゃる。

 

渋谷のイケイケお兄さん。原宿のファッションモンスター。新宿のホームレスに歌舞伎町の風俗嬢。大手町のエリートサラリーマン。代々木や表参道のよく分からん意識高い系。秋葉原のオタク。御茶ノ水予備校界隈の偏差値受験モンスター。六本木の外国かぶれ女。成城の坊っちゃん

 

多様性に寛容でジャパニーズトラディショナルカルチャーである村八分がないというのが21世紀の東京の素晴らしいところだと思う。

 

f:id:negichi:20170827021626j:image