読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人。

f:id:negichi:20160831231952j:image

ラーメン二郎を美味しいと感じなくなってしまいました。

歳です。どうもNeです。

 

はい、という事で、東京に帰省中です。

f:id:negichi:20160831232101j:image

深夜バスを使えば往復8000〜9000円で帰省出来ることを知り感動しました。

新幹線の3分の1程度です。素晴らしい。

( 時間は3倍かかるけど、そこはトレードオフだし仕方ないね)

 

さて、東京に戻ってくると決まって感じるのは

『世の中には僕より圧倒的に能力の高いエリートと、僕より圧倒的に人生に問題のあるクズの両者が腐る程いる』

 という事。

 

 

僕は学校とか組織で集団行動するのが嫌いだし、課題とか宿題やらないし、サボリ魔だし、結構自分の事をクズだと思っている。

 

また大学受験には失敗したものの後期試験にしては最低限そこそこの大学に落ち着いたというチャッチイ自尊心もまぁある。

 

この結果、自分は上にも下にも振り切れない、どこにでもいる、普通な人間に成り果てているワケです。

 

特に東京に戻ってると強く意識させられます。

 

なんか僕が僕である必要がないというか、

 

代わりはいくらでもいるんだなぁって…

 

言っていても仕方ない事なんでしょうけどね。

 

支え合える恋人とかいれば違った世界が見えるんでしょうかね?

 

 

クソ地味な塵のような毎日を積み重ねて山になるのを待つしかない、といった心境です。