読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆微分積分いい気分☆

君の名は。観てきました。

 

己を微分するか、向こうを積分してこちらに引きずり込みたい。(タイトル回収任務完了)

 

なんであんなありえっこない"ド"ファンタジーにウルっと来てしまうのでしょうか…?

 

f:id:negichi:20160905001141j:image

 

東京に帰って観たので

観賞後即聖地巡礼即センチメンタルになってしまいました。

 

キレイ過ぎるんですよ、アニメは。

 

新宿は空から見れば最先端のココロオドル街に見えるかもしれませんが、実際の地表の人間は汗と脂と恥を垂れ流しながら地を這って生きているのです。

 

この『現実の臭さ』がないから無理な設定でも感動したのだろうなぁって思いました。

 

アニメーションの特権ですね。

 

特に「君の名は。」は映像も音楽も綺麗で

現実世界の臭さが全くなく作品内容がダイレクトに心に突き刺さりました。少なくとも自分は。

 

実写化が失敗するのはアクター(生身の人間)から香る『現実の臭さ』が原因ではないでしょうか?

 

さらに劇中の新宿〜四ツ谷は僕にとっては挫折の街(受験とか浪人的なやつ)なので特別な感情が湧いたのかもしれません。

 

久々に見終えた後も引きずってしまう映画に出会いました。

 

オススメです。