読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってると得

ただの呟き

 

ペラペラ喋りたがりの時の私は余裕がなかった。

 

良い出来事をほぼ全て友人に喋る。

 

まさにイキリオタクであった。

 

私は私にしか分からない人生を送っている。

 

何が普通で何がヤバイかなんて私とあなたでは基準が違うだろう。

 

ならば喋らなくて良いではないか。

ただ純粋に楽しい世間話をしよう。

 

誰かれ構わずグロテスクな人間の欲望の話なんぞしても人は離れていくのである。

 

私はグロテスクな事をペラペラ喋るのをやめ、楽しい会話をするように努めている。

 

するとどうだろう状況は変わってないのに何だか心に余裕が生まれるし、女の子との会話も弾むのである。

 

私しか知らない至福の出来事、私しか知らないあの子との会話、私しか知らない美味しいお店…etc

 

なんとも素敵ではないか!

 

なるほどコレが社会性というやつか。

 

共学1年目の終盤でようやく社会性を身につけることが出来たのかもしれない。